安永太地の足るを知る暮らし方

静岡県袋井市で足るを知る暮らしを実践中。

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

ことばこ卒業。静岡へ移住。no.420

ことばこ卒業。静岡へ移住。

 

 

私事ですが、3年間勤めたことばこを退社し、静岡県袋井市(浜松より)に移住します~。

愛知県に大学時代から合わせて7年間滞在しましたが、住みやすい街だったなぁ。島根より都会だし。笑

でも、島根も素敵だよ!笑

 

この3年間を振り返ってみようかなー。

大学卒業して3年間、ことばこは全てだったなぁ、と。

3年前のこの時期に覚王山に教室を構え、

5月に伝説の男よっちゃんが入塾して、まほちゃんが入ってきて、

 みんなでご飯を食べながら勉強したり映画を見たり。笑 また一人一人が入ってきて関わって。

大学生や大人向けの学びの場を作ったり、企業とコラボしたり。

やっぱり子供達に専念することが大事だって気づいたり。

その中でも一斉授業やったり個別指導やったり自立指導やったり。

試行錯誤しながらも今では40人の生徒が当たり前のようにいて、

 毎日勉強したり卓球したり。(卓球がことばこでは凄まじいブームになっている)

 

苦しい思い出ってのはほとんどなくて(たぶん今が幸せだから)

最近は塾後に飲みに行けたり、机とか買っちゃったり、カーテンが買えたり、経済的にも豊か?普通に?なったし。笑

 

本来の流れなら

会社で働いてみて、会社を興すんだろうけど

会社で働く前に会社を興して、分かったこともある。

 

自由ってのは嫌だなぁって。

3年前の始めた当初、ここだけの話。

毎日、やることが無さすぎて死にそうだったな。笑

 

教育やるために会社を興したのに

目の前に子供が来てくれるのがこんなに難しいなんて思ってもいなかった。笑

尾関さんは教師10年で培った能力があって、いろんな仕事をもらってたけど

卒業して何の能力もない俺は本当にできることがなかった。

 

3年間やったのは掃除くらい。笑

トイレ掃除は毎日やったなぁ。

できることってそれくらいしかなかったんだよ、本当に。

 

毎日のようにバガボンド読んで、「人生とは何か」みたいなことを考えてた。

同世代の友達は 先生で死ぬほど仕事があったり、サラリーマンでひたすら雑務やってたり

それすらも羨ましい日々だった。

 

だって、やることがあるって

仕事があるってことが羨ましい。

 

俺は掃除くらいしかなかったから。

自由なんていらなくて

山ほどの雑務の方がよっぽど嬉しい。

 

もし、山ほどの雑務しか知らなかったらそれは嫌気がさすだろうけど。

だから、そんなことはたぶん俺以外の人は理解ができないかもしれない。笑

 

だから、子供達が来るように一人一人が増えていって、本当にはっぴーすぎた。

もちろん去っていく子達もいて、力不足も感じて寂しすぎた。

 

 

でも、この3年間

ことばこに行きたくないって思ったことはない。

仕事したくないって思ったことはない。

辞めたいって思ったこともない。

しだいに日々楽しくなっていく感じ。

仕事も増え、やることも増えたけど

一生懸命に何か打ち込めることが楽しくて

子供達との関わりが難しいくも楽しかったから。

 

 

どう働くかって人生の中ですごい重要だと思う。

働き方を考えることが僕の中での優先順位一番高かった、数ヶ月前までは。

 

今の彼女に出会ってそれが少しづつ変わってきた。

どう働くか、より「どう暮らすか」の方が重要になってきた。

極端にいうと彼女と一緒に暮らせれば、仕事なんて何でもいいって思えるくらい。

彼女と過ごせるだけで幸せだ。

3年間遠距離ってこともあっただろう。

 

働き方より上位概念である暮らし方を考えるようになった。

僕が心から幸せであるために

彼女のそばで働くことが何よりも大事だということに気づいた。

 

そして、それに気づかせてくれ、背中を押してくれたのは尾関さんだ。

本当に感謝しています。

 

だから、まじで、毎日楽しい仕事を辞めて

静岡に移住しようと思います。

 

 

仕事はこれから探します。

とりあえず、長めのゴーデンウィークを取ります、今日から。笑

 

静岡行ったら、

教育の仕事はしません、きっと。

でも、将来的に教育の仕事します。

 

僕なりの仮説を検証したいんです。

 

教育=子供の育ちの場

会社=大人の育ちの場

 

だとすると、

100年規模で続いてる老舗企業って教育的エッセンスって絶対にある。

っていうか、100年も続くって凄いっすよね。

だから、老舗企業働いてみようかなって思います。

そこには 「持続的な」大人の育ちの場を創ってる秘訣があると思います。

 

出来れば、味噌、しょうゆ、のようなモノづくりの老舗がいいな。笑

紹介して下さい。笑

 

やっぱり僕は

「人が育つ場」ってのは凄い興味がある。もっと探求したい。それが好きだなぁて。

でも、人が育つ場っていうけど、

教育って教育だけでは語れない。

 

暮らし、食、住まい、色んなことが相互作用してる。

だから、そんな分野で働いてみようと思っています。

 

ま、まずは

何よりも

彼女との暮らしを楽しもうと思います。

 

最初は専業主夫です。笑

最後まで読んでくれてありがとうございます。

さよならとは言いません、また会いましょう。

静岡にお越しの際はお声かけを♩