読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安永太地の学び舎

なんとなく時間を過ごすのはもうやめて、人生を真剣にワクドキ(ワクワクどきどき)しながら生きようぜ!

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

20代おすすめ本 最低で最高の本屋 を読んで。[松浦弥太郎]no.418

 

20代に強くおすすめする松浦弥太郎さんの本。

 

最近、出会った弥太郎さん。

この本の心に残ったところを紹介します。

 

20代の人なら働き方ってよく考えると思う。

今の時代、激変の時代と言われる。でも、今しか生きたことのない僕ら。

そんな僕らに、僕に優しいアドバイスがたくさん載っていたので、少し紹介。

 

 

・就職しないで生きる方法は、どんな方法なのか、と問われたら、こう答えます。絶対に諦めないこと。自分が一番得意とする何か。他人が喜んでくれることで自分も嬉しくなる何か。いちばんにはなれないけど自分にはこれしかできない何か。
 
・最初に店をはじめた頃から、僕には10年経っても人の心に残る何かになりたいという目標がありました。「こんな店があったね」といくらいでいいけれど、そうやって人の心に残れば、はじめたことの意味を感じることができる。そして、「こんな自由なやり方もあるんだ」って僕がやってたことを見てくれた誰かが新しい何かをはじめてくれたら嬉しい。そういうことで繋がっていきたい。自分が全てのオリジナルである必要はないし、そんなことはあり得ないと思います。
 
・世の中のことも、自分の心のなかにあることも、すべて受け入れるというのが、最低で最高の生き方なんだと分かったのです。いいところも悪いところもある、どちらも自分なんだから、それをきちんと認めて、両方とうまくつきあっていくのが本当の生き方だと知りました。
 

たくさん出してるようなので、読んでみて下さい。

こころ豊かに

こころ静かに

こころ温まる

そんな本です。