安永太地の足るを知る暮らし方

静岡県袋井市で足るを知る暮らしを実践中。

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

人は誰もがオンリーワンで対等である。no.367

最近はらくだの井上さんからのお勧めで鈴木先生という漫画を読んでいます。

らくだメソッド、寺子屋塾の学習 | 往来物手習い

 

ここで感じるのは

鈴木先生の洞察力と対等感。

 

鈴木先生が生徒間での問題の改善に取り組む漫画ですが、

そこでまで深読みするのか!?ってくらい深読みをします。

そして、子供との対話を大事にし、

相手を尊重し尊敬し対等に対話する。

何度も自分に問いをだす。

そして自分で問いに向き合う。

 

そんなシュールな漫画です。

漫画なのに頭を使います。笑

 

自分は先生だから偉い。そんなことはありえない。

自分は先生だから正しい。そんなことはありえない。

自分で考えて対話の中で納得感が生まれれば、それでいい。

答えを出すのではなく、対話の中で、「今」における納得感とその後の継続した関係をただ続ければいい、そんな感じがある。

 

子供達との関わりの中でどういう関わりをしたらいいかな、と日々考えさせられる。

自分に問いが生まれる。

あの対話でよかったのか、どうか。

そんなのは分からんけど

自分に問い

僕もまた1つずつ成長していく。

おしまい。