安永太地の足るを知る暮らし方

静岡県袋井市で足るを知る暮らしを実践中。

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

自分の課題に向き合う。no.366

人にはそれぞれ

自分しか知らない

いや、自分しか気にとめていないだろう課題があると思う。

 

僕ももちろんある。

その中での1つをピックアップして向き合っていこうと思う。

 

今日、向き合う僕の課題は

「笑いを生み出すために人を使ってしまう。」こと

昔から僕は人を馬鹿にすることで笑いをとっていた。

それで周りの人も笑っていたし

その馬鹿にする人も、関係は好ましい状態だったから許してくれた。

 

でも、これは基本的によくない。

人を傷つけながら人をネタに人の笑いを誘う。

自分を売るならまだしも、人を売るのはありえない。

 

教育の仕事をしてる上で

いつも気になる。

気になる、時点でだいぶ成長を感じるけど

ようやく文章として書けるくらい見えてきた。

 

ま、見えてないんだけど

客観視したいから書く、という方法を使っているつもり。

 

こうやってツラツラ書くと自分に向けた矢印が

ココロをグサグサとエグってくる。

 

必要な時間だ。

すぐに人をネタに人を笑わせる、ことはしない、とはできないだろうと思うけど

こうやってたまに客観的に振り返って

自分が「しない」ことをできないと振り返っておく。

それに向き合えば、きっとできる方向に向いていくだろう。

 

そんなところでよく分からん話を終わります。笑

自分の課題について書いてみると以外と面白い副産物がゲットできるかも♩

 

ちゃんちゃん