安永太地の足るを知る暮らし方

静岡県袋井市で足るを知る暮らしを実践中。

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

瀧本光静さんによるお座布団大学から教わった仏教のお話⑦「ご縁が人生を左右するとはそういうことか。」no.200

こんにちは、みなさん。

とうとう、ぼく、シェアハウスに引っ越しちゃいました。

わ〜い!

 

 

しかーーーし

1日目は12月にも関わらず、電気なし、風呂微暖かい、暖房なし。

そんな1日目を過ごしました、たいち君です。笑

 

 

 

 

 

今日も瀧本さんの仏教のお話を聞いて僕なりに勝手に解釈しております♩

 

 

 

瀧本光静さんのお座布団大学を全く知らない方は こちら↓↓

瀧本光静さんから教わった仏教のお話①「仏道の学問に触れる物は◯◯を最も重んじるべし」[no.186] - 塾講師が伝える20代大学生におくるワクドキに生きるコツ♩

次回は12/19日の午前中だよ♩

 

 

 

 

さてさて

今日のテーマは

「ご縁が人生を左右するとはそういうことか。」

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

ご縁を大事に。

ご縁を大事に。

よくそんな話を聞きます。

 

 

 

でも、まー確かに、わかるけど、

ご縁は大切だけど。

 

でもさ、ゆーて、自力でのし上がっていく人もいるわけだし。

そんなちょっと否定的なたいち君もいます。

 

 

 

 

 

 

光静さんがこんな例え話をしてくれました。

 

 

 

 

今日の主人公は炭素くんです。

えんぴつの芯やダイヤモンドの元の物質ですね。

 

 

 

 

 

そーなんだ、炭素くんは鉛筆やダイヤモンドの元素なんだ。。。。。。

 

ん!?

 

 

 

 

 

ん!?!?

 

 

 

 

 

 

ん!?!?!?

 

 

 

炭素でも鉛筆になったりダイヤモンドになるの!?!?

全然ちゃうやん!!!

 

なんで?

 

 

 

 

 

なんでだろ〜?

 

 

 

 

 

 

 

教えてほしい??

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーしよかな。

 

焦らすでしょ〜笑

 

 

 

 

 

 

 

 

じらしたがり〜なんです。

ツンデレなんです。笑

 

 

 

 

 

 

実はですね、

 

 

 

 

 

炭素に熱を加えると・・・灰になります。

炭素に2000度の高熱と5万の高気圧を与えると・・・ダイヤモンドになるそうです。

 

f:id:thereisaway25:20151203150439j:plain

 

 

ふーーーん。

 

ここからが大切。

 

 

 

 

そして、

ただの熱と出会うか

高熱で高気圧と出会うか

 

がご縁の重要性です!!!

f:id:thereisaway25:20151203150539j:plain

 

つまり

同じ炭素でもどんなご縁に当たるかでその後価値は大きく変わっていく、ということでした。

 

 

 

そんな話を聞いても

僕は感動ですよ!!!

そーいうことか!!!と。

 

 

 

 

これって人も一緒だってこと。

 

たいちくんが極道の哲学に出会うか

たいちくんが人生ワクワク哲学に出会うか

f:id:thereisaway25:20151203150617j:plain

(この絵、かわいいっしょ〜笑) 

 

 

 

たいち君の人生は大きく変わっていくな〜〜〜!と改めて実感。

 

 

 

 

 

今日もご縁を大切に。

目の前の人を大切に。

 

人生楽しく、わくわくしながら生きていきましょっ♩

ちゃんちゃん

 

 

 

 

 

協力してくれる方こちらをクリックして下さい♩

(いつもありがとうございますっ!) 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

 

 

 

 

前回のブログはこちら。

www.wakudokidoki.com