安永太地の足るを知る暮らし方

静岡県袋井市で足るを知る暮らしを実践中。

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

名古屋市のスクールソーシャルワーカーと飲んで。教師の方へ。[no.187]

スクールソーシャルワーカーと飲みました。

 

以下の文章は僕の勝手な妄想が入り混じってるので、信じないで下さい。

 

 

 

まず、スクールソーシャルワーカーってなに?

一言で言うと、

学校の問題の中で教師が覆えない部分をサポートする専門家。

例えば、不登校児や家庭環境の問題(DV)、地域の産官学の連携の架け橋。

 

様々な役割があります。

 

 

 

アメリカで一般的ですが、

日本では名古屋市が日本初でスクールソーシャルワーカー常駐しています。

 

 

 

 

さて、今回の話は

 

 

スクールソーシャルワーカーさんとの話で

気づいたことを書きます。

 

 

 

まず、最近、西区で子供の自殺がありました。

ニュースにもだいだい的に発表があります。

 

 

 

若干10数年生き、自らの命を断ちました。

 

 

 

この現実をあなたはどう受け止めますか?

 

 

 

 

 

例えば、

難しい問題ですが、難しいけど、

こんな話があります。

 

 

家があれて、学校どころじゃない生徒がいました。

ストレスの中で金髪にしました。

 

金髪にしたくらいで

学校から追い出されました。

 

金髪は確かに校則違反です。

 

 

 

でも、家でも学校でも地域でも居場所のない子供達は

人とのつながりを感じることはできません。

 

 

繋がり、居場所のない子供が

自分の価値に気づかず、命を自ら断つのは

ある意味当たり前かもしれません。

(*学校が悪いと思っていません。)

 

 

 

そこに行くまでに気づかない。

そんな環境に陥れたのは誰ですか?


 

 

 

そうです、大人です。

 

 

 

僕ら大人の責任です。

 

 

 

 

 

 

 

そんな子供達に少しでも生きる価値を見出して欲しい。

1つでも人の愛に触れてほしい。

 

 

そんな思いで日々活動してるスクールソーシャルワーカーがいます。

僕は彼を応援します。

 

 

 

 

そこで、教師のみなさんへ

お願いがあります。

 

 

 

スクールソーシャルワーカーってよく何かわからないかもしれません。

でも、想いは同じです。

 

 

子供達が幸せに生きる手伝いをしたい。

ただ、それだけです。

 

 

 

そんなチームを作るのに一緒に手伝って下さい。

 

 

 

僕らことばこも

 

近い未来学校を作ります。

 

 

 

 

1人でも子供達が幸せに生きていけよう

繋がりを作る場を作ります。

 

 

官民学が同じ想いを持って

協力することが今、求められています。

きっと。

 

 

 

みんなでより良い社会を地域を創りましょう。

 

 

 

 

ま、俺もよく分からんけど

行動しながら考えていこう♩

 

 

そんなことを思いました。

ちゃんちゃん

 

 

協力してくれる方こちらをクリックして下さい♩

(いつもありがとうございますっ!) 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村