安永太地の足るを知る暮らし方

静岡県袋井市で足るを知る暮らしを実践中。

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

世界の果ての通学路。学校に行くのに命かけて2時間歩いていく子供たちがいるんだ。今編 《no.125》

昨日、衝撃的なビデオを見ました。
それは
「世界の果ての通学路」

 

(ツタヤで借りれまっせ♩)


このDVDは

世界の学校へ行く通学路が極めて難しい子供たちのドキュメンタリーです。
学校へ行くために

安全であれ、とお父さんがお祈りするくらい。
険しい道を子供たちは進む。




ぐちゃぐちゃの道をただの車輪のついた椅子を車椅子として
2時間も兄弟たちと歩んでいく。





なんじゃこりゃーーーーーーーー!!!!!

感じですね。





日本じゃ考えられない!!!









向こうの子供たちは
そんな命がけの日々を過ごしてるから




将来、医者になりたい!とか
学校の勉強で一番になるんだ!とか
学校で勉強したい!とか




そんなことを本気で話す。




俺はこのとき、気づいたんよ!
あ、、、、、、、、、、、、!!!


俺もこれがしたいんだ!!!!!!!!!って。






俺は今、学習塾で働いています。
(一応普段は学習塾ですよ♩笑)


だからね、

子供に勉強したい!って言って欲しい!

って思ってるわけじゃない。
そんなことはどーでもいいんですよ。




僕が伝えたいのは


もっと真剣に生きようよ!


ってことです。



人生を親、先生、周りの人の意志でなく
自分の意志で生きようよ!

ってこと。




僕が伝えたいのはそれだけだな。




きっと
真剣に生きてたら



夢も見つかるし
毎日イキイキするし

きっと勉強すると思うんけどな~。





僕はカンボジアに行って初めて

「真剣に生きてる人」

に会って
あ、これじゃいかん!と思って



結局やったことが勉強だったり、
日々をやりきることだったり、
自分で道を切り開こうとすることだった。




だから

日本の子供たちに



真剣に生きることをもっと伝えたい。
勉強を通して。
映画を通して。
人との出会いを通して。

そして
自分の生き方を通して。




そして、俺もまだまだまだまだまだ
「真剣に生きる」ことを磨いていこ~♩

ちゅーことで、
今日の名言

ーーーーーーーーーーー

明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。

by マハトマ・ガンジー

ーーーーーーーーーーー

 

今日からはてなに移行します♩新たな門出に乾杯♩

ちゃんちゃん

p.s.下に詳細載せておきます♩