安永太地の足るを知る暮らし方

静岡県袋井市で足るを知る暮らしを実践中。

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

no.94 今編 父の結婚論

今日は父の日ということで。
いつもお疲れ様です。



この年になってしみじみ思う父の教えが1つあります。





2年前くらいかなー、



俺が親父にこんなことを言いました。

「結婚はまだまだ出来んなー。まだまだやりたいことあるし、全く落ち着く気がしない。」

と、親父がこう言いました。
「ちゃうちゃう!ちゃうで!」
(島根県出身で在住です。笑)


「男は独り身だと一生落ち着かんよ。
 妻子が出来て初めて落ち着くんだわ。」



なるほど~!
落ち着いたら結婚するんじゃなくて
結婚したら落ち着くんか~


そういわれてみると
このまま行くとずっと自分のやりたいことやってそうだな。。。笑




いやいや、そーわ言っても
起業したり、何かしらのチャレンジをするとなると
独り身の方がしやすいじゃん!

って思った?




そんなことありません!!!
確かにそうかもだけど。。。
どっちやねん!笑


でもこんな考え方もあります。






これは以前、きぼう新聞編集長、細川さんの話を聞いた時のことです。
細川さんは3人目のお子さんが出来たことをきっかけに起業しました。


それまでは
会計士会社の最年少執行役員などと地位、経済的にもいわゆる勝ち組みでした。


ただ、それら一切捨て、
全く異なる新聞業界で起業したのです。



そのときに印象に残った話が
(個人的な解釈です。)


妻子がいるから、その分、本気で考える。
だって妻子の分の責任がある。
自分だけの責任だとそれなりの起業ができるだろうが、
妻子もいると絶対成功してやる!
と覚悟が変わってくる。



確かに自分だけだと失敗しても
「どーにかなる」って心のどこかで思ってる。


でも妻子も巻き込み
全てを捧げるとなると


本気の覚悟が必要だ。
1人ときよりさらにさらにさらに

綿密な計画とやり抜く覚悟が必要だ。




確かにーーー!!!
そして、そんなこと言ってることがカッコイイ!



そしてそんなパパがカッコイイ!!
ワクワクするわーーーー!!!





かっこいい親父になるぞ~~~!!
ちゃんちゃん