安永太地の足るを知る暮らし方

静岡県袋井市で足るを知る暮らしを実践中。

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

僕の仕事の見つけ方(就活生行動派タイプの方へ)

「本当の仕事 by榎本英剛」を読んで共感したこと。

今回のお話は行動派タイプの方へ。

やりたいことがありすぎて

どれしようかわからない。

就職先はどれもやりたいし、どれも経験したい。

どれにしようか分からない。

って方いますよね。

そんな方へ

片っ端からやってみればいい。

あなたの「やりたい」に即行動をしてみればいい。

行動派のあなたは考えても良い考えは浮かばないかも(笑)

僕の話をします。

僕は教師になるために

大学へ行きました。

ただ、本当に教師でいいのかな?って考えました。

だって自分のやりたいことは

「人の可能性を引き出すかっこいい男」になることでした。(当時大学2年生)

その通過点として教師はいい仕事だなって考えていました。

だって年に100名程度の子供達に触れる機会を持てるから♩

理由はそんだけ!

でもでもよくよく考えてみると

会社の人だって

営業マンだって

国際協力の人だって

教育系NPOの人だって

みんな

「人の可能性を引き出すかっこいい男」

に該当するじゃん!

と思ってしまった。

どーすればいいんだ?!って思った

僕は

片っ端から「やりたいこと」全部やることにした。

2年の夏、カンボジアへボランティア

2年の冬、ニュージーランドへボランティア

3年の夏、1年留学

帰国後3年の夏、就活を始める。2ヶ月でやめる。

3年の冬、知り合いの会社で営業をやる。3ヶ月でやめる。

4年の春、教育実習、教育の重要性に気づく。

4年の夏、ニート。2ヶ月で脱ニート。笑

4年の秋、就職先決まってないけど、教育団体の設立

4年の冬、世界青年の船参加。

多くのことを経験して

日本で教育を学ぶことを決意。

教育施設の共同設立。

自分が心から「やりたいこと」を見つけたのは

目の前の「やりたいこと」を即行動していたからだと思う。

大学卒業後のことなんて無視して

学生団体作ったり

人生に1度しかない新卒就活を成長スピード遅いから

2ヶ月でやめたり

ただね、

そのときね

大学受験の時も

大学卒業の時も

色んな人に

「受験は人生1度だ。人生が変わるぞ」

「新卒就活は人生に1度だ。辞めるなんてもったいない。」

って言われた。

でもさ

新卒就活も大学受験も人生に1度って言うけど

人生そのものも1度しかないからね。

新卒就活が人生に1度だからって

新卒就活を選ぶ理由がどこにあるんだろうか。

あなたがやりたいことを今やることも

人生で1度きり。

全てのことは2度と起こることはない。

あとはあなたが決めればいい。

あとは「あなた」が自分で決めてばいい。

自分の心に素直に生きよう。

そんなこと考えてて

今、自分が教育をしてるなんて

2年の夏には全く思ってなかった。

3年の就活期なんて1ミリも思ってなかった。笑

ただ、1つ1つの自分の心に素直に生きて

赴くままに行動してたから

今、ここに、辿り着いたんだと思う。

要は一回きりの人生

生きたいように生きて

楽しもうぜ!!

ってことだ~

(てきとーに終えた 笑)

ちゃんちゃん