安永太地の足るを知る暮らし方

静岡県袋井市で足るを知る暮らしを実践中。

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

言葉がその人を見えなくすることもある。

子供と接するときに気をつけておきたい。

自分の思っていることを言葉にすることもあれば

自分の思っていないけど、とりあえず、言葉にすることもある。

自分の中で100%信じてることを言葉にすることもあれば

自分の中で10%程度でも言葉にすることもある。

上記の2つのパターンにおいて同じ言葉である時がある。

例えば、(「(感情)言葉」で表現する。)

「(あんまりやりたくないけど、しょうがなく)やるよ」

「(すごくいい気分で)やるよ」

同じ言葉でも感情が全く違う。

その感情を読み取れるかどうかがコミュニケーション力かもしれない。

「言葉の奥にある感情まであなたは見れてない」

とある子に言われた。(こんなにストレートではないがw)

確かに見えれてないと思った。

ただ、

自分が見える部分と

自分が見えない部分があって

それはそれでよく

みんなが色んな視点を持って

子供に接することができれば

子供は安心安全のもと生き生き育つだろうと感じた。

それは地域の役目であり、ことばこの役目であり、俺の役目だろう。

というかなーり真面目な話でした~♩

ちゃんちゃん