読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安永太地の学び舎

なんとなく時間を過ごすのはもうやめて、人生を真剣にワクドキ(ワクワクどきどき)しながら生きようぜ!

f:id:thereisaway25:20150918002156j:plain f:id:thereisaway25:20150918002542j:plain f:id:thereisaway25:20150918002717j:plain

f:id:thereisaway25:20151126143259j:plain f:id:thereisaway25:20151126144126j:plain f:id:thereisaway25:20151126145454j:plain

藤枝の半自給自足の田舎へ遊びに行ってきた。no.426

この休日は静岡県藤枝市にあるド・ド・ド田舎に行ってきました。 お知り合い夫婦がそこに住んでいて、遊びに行ってきました〜〜! 旦那さんは日本人で10年くらい世界を放浪。 その最後の土地オーストラリアでまさかのフランス人妻をゲットし、 3年フランス…

嫌だからこそ逃げない。no.425

彼にとっては目を合わせるのが嫌なのだ。 彼にとっては片付けられるのが嫌なのだ。 彼にとっては触られるのが嫌なのだ。 自分の嫌と誰かの嫌って一緒じゃないことが多い。 だから なるべくその「嫌」に触れないように過ごすのか。 そしたら どんどん距離が遠…

葉が木であることを忘れる。no.424

葉が木であることを忘れるように 人が自然であることを忘れる。 忘れから生き悩む。 by 正木高志

あなたはこういう人だ。no.423

あなたはこういう人だ。 と判断されると いや、そんな簡単に判断しないでよ、って思う。 実はそういう人じゃないんだって思う。 そういうあなたがそういう人だ、思う。 判断するから判断される。 それでも「あなたはこういう人だ」という判断を 変えるかもし…

嘘をつかないこと。no.422

嘘をつかないこと。 あなたが心を込めてやったこと。 あなたが心なくやったこと。 あなたが心から笑ったところ あたなが心なく笑ったところ。 心をあろうがなかろうが それもどれもあなただから それだけは嘘つかないこと。 2017.4.8

暮らし。no.421

暮らし。 便利な暮らしをしているからこそ、 1つ1つの所作を大事にする。 コップを置く。 コップをしまう。 コップに水を入れる。 空いた時間があるからこそ、 その時間を堪能する。 雑音に耳を傾けずに 自分に耳を傾けてみる。 2017,4,8

ことばこ卒業。静岡へ移住。no.420

ことばこ卒業。静岡へ移住。 私事ですが、3年間勤めたことばこを退社し、静岡県袋井市(浜松より)に移住します~。 愛知県に大学時代から合わせて7年間滞在しましたが、住みやすい街だったなぁ。島根より都会だし。笑 でも、島根も素敵だよ!笑 この3年間…

君は気づいていないのかもしれない。no.419

君は気づいていないかもしれない。 いつの間にか身長は僕より大きい。 君は気づいていないかもしれない。 いつの間にか授業中に寝なくなったことを。 君は気づいていないかもしれない。 君がいない日がとっても静かなことを。 君は君のことを意外に知らない…

20代おすすめ本 最低で最高の本屋 を読んで。[松浦弥太郎]no.418

20代に強くおすすめする松浦弥太郎さんの本。 最近、出会った弥太郎さん。 この本の心に残ったところを紹介します。 20代の人なら働き方ってよく考えると思う。 今の時代、激変の時代と言われる。でも、今しか生きたことのない僕ら。 そんな僕らに、僕に優…

タイミングは大事だっていうけど、、、no.417

友達が仕事をやめて、自分がやりたいことやるか、上司の引き留めに応じるか悩んでいました。そん時の話。 タイミングは大事だっていうけし タイミングってのは最善のタイミングでやってくるっていうけど でも、それって結果論で そのタイミングで何か掴んで…

見て見ぬ振りをすると自分ももやもや。no.416

見えてるゴミを拾わずに 見てみむふりすることもある。 聞こえてる声を 聞こえないふりをすることもある。 間違えてることを 気づいてないふりをすることもある。 ちょっと心に「むっ」 とする気持ちが湧き出る。 次は行動しようって思う。 何度も思う。 そ…

パンツをはいたサル[栗本 慎一郎]を読んで。no.415

パンツをはいたサル[栗本 慎一郎]を読んで 感じたことをメモしておく。 この本はおもしろいようでこわい 現実を書いたもので、 知りたくない 直視したくない 「リアル」 「タブー」世界を 書いたものである。 がしかし、 ヒトがヒトとして 生きる上で 無意識…

さて、人生に答えがあるのだろうか。no.414

さて、人生に答えがあるのだろうか。 家があったら 完璧なパートナーがいたら 経済的に自由になれたら さて人生に答えがあるのだろうか。 赴くままに進んだ先にしか見えてこないだろう。 結局、がむしゃらに1歩ずつ。 それ以上は何も分かんない。 さて、ど…

世界を変える。no.413

世界を変えるために できることは1つだけ。 自分が変わることだ。

居心地のわるさ。no.412

居心地のわるさってのは 嫌なことなんだけどね。 もちろん嫌なことなんだけど 居心地のわるいところに 行ってみることで見えてくるもんも あるんだよ、きっと。 居心地のわるさを感じたときこそ どうして居心地がわるいんだ?って 自分に問うてみる。 その問…

居心地の良い暮らしを。no.411

居心地の良い暮らしを。 居心地の良い暮らしってのは 朝起きて、満天の晴空の日に 布団を干して 夕方になって布団を入れて 晩ご飯に一杯くらい飲んで ほろ酔いのまま 干したてのふかふかの布団で んー、気持ちいー!って 今日も有難い!って そうやって1日…

やりたい仕事をやってる人が幸せなのか?no.410

やりたい仕事をやってる人は基本的に幸せだ。 やりたくない仕事をやってる人は基本的に不幸だ。 そんなことあるか。 基本的に幸せな人がやりたい仕事をやってることが多いし 基本的に幸せな人はやりたくない仕事でもその中でやりたいことを見出している人が…

足るを知る。no.409

足るを知る。 それを日常に取り入れると 世界が変わる。 見ているもの全ての見方が変わる。 こんだけしかないがこんなにもある。 この寒さのおかげで暑さが恋しくなる。 何もないけど生きていける。 走ったら遅いけど、歩いてどこまでもいける。 日常が有難…

何事も程よくである。no.408

何かをやる時に なんのために なぜやるのか って事前に考える。 何かをやる時に とりあえずやってみて 何が得れたんだろう? 何が学べたんだろう? って後付けで振り返る。 どちらも それなりに価値がある時間になるのだ。 というか どちらも価値のある時間…

無駄なことなんて、ないんだよなー。no.407

寒さが暑さを教えてくれて 暑さが寒さを教えてくれる。 貧乏が金持ちを教えてくれて 金持ちが貧乏を教えてくれる。 子供が大人を教えてくれて 大人が子供を教えてくれる。 あなたが私を教えてくれて 私があなたを教えてくれる。 片方がなくなると もう片方も…

1日をやりきる。no.405

1日をやりきる。 1時間をやりきる。 1分をやりきる。 1秒をやりきる。 そんなこと できない。 そんなことはできないけど やっぱできるようになりたい。 って思うんだ。 もしかしたら、無理かもしれないけど できないかもしれないけど 何年経ったっていい…

流れていく。no.404 

流れる。 流れる、ということの前に 飛び込むことが必要だ。 そこには勇気も必要だ。 どこに流れるんだろうか。 どこに行き着くんだろうか。 足が震える。 そんなことだってあるだろう。 それでも、流れた先に何があるかは流れてみないと分からない。 ただ、…

自分も相手も見つめてみる。no.403

嬉しい、愛くるしい、 そんなつもりで あなたを見つめる。 その想いはきっと伝わる。 うざい、めんどくさい、 そんなつもりで あなたを見つめる。 その想いはきっと伝わる。 相手にとっても 自分にとっても どっちが豊かだろうか。 相手にとっても 自分にと…

決断 no.402

決断。 右だろうと左だろうと こっちだろうとあっちだろうと その選択はなんだっていい どっちが正解なんて そんなものはない 選んだ先にしか答えはないから どっちが正解なんて そんなもんはない できることは1つしかない その選んだ先を答えにしていくこ…

働くことは楽しいことだけなじゃないから楽しいんだ。no.401

働くことは楽しいことだけなじゃないから楽しいんだ。 という矛盾した題名ですね。笑 働く環境って考えてた時に 本を読みながら感じたこと。 働く環境って 楽しいだけじゃ、楽しくない。 きっと 良い 働く環境って 楽しさと厳しさが混在することが 好ましい…

2016年の振り返りと2017年に向けて。no.399

2016年を振り返ってみる。 www.wakudokidoki.com 去年のこの時期にこんなブログ書いていました。 「受け入れる」 今までは 「やりたいことをやる」 「やりたいことを見つける」 「使命とは?」 「志とは?」 そんなことを探してきた。 だから自己啓発が必要…

大失敗して気づく。no.398

失敗だからこそ、向き合う。 失敗は成功の素という。 確かにそうだ。 失敗を繰り返さないと その結果は成功しかなくなる。 諦めなれば成功しか その道の先にはないのだ。 でも、 現実はそうじゃない。 何がそうじゃないか、というと 諦めなければ成功しかな…

失敗を失敗のままにしない。no.397

失敗をしたことがない人はいないだろう。 失敗をした後が重要だ。 その都度 改善を繰り返すのか そのままにしておくのか。 同じ失敗をしないように改善していく。 それは日々の生活習慣から始まる ほころびだ。 穏やかに 背伸びをせず 手を抜かず 淡々と 生…

よく分からんけど書いてみた。笑 no.395

あっという間の1日が過ぎる。 1日の中で色んなことを 考えては消え 考えては消え 考えては消え そんなひと時の中に 考えないでいようと意識する時間があり 試しに何かに集中する時間があり 何もしない時間があり 何もしない、という贅沢を感じ 今日もちょ…

暮らしをシェアする、ということ。no.394

暮らしをシェアする、ということ。 男4人でシェアハウスをやってます。 1年が経ったので、その暮らしぶりを考現学してみようかな、と。 みんな僕の友達なので、すぐに仲良くなり、暮らしを共にしています。 シェアハウスってどんな価値があるんかな〜って…

ソトコト 四角大輔さんのエッセイを読んで。no.393

人はなぜ働くのか。 それを考現学してみよう。 (考現学とは、答えがなく考えがまとまっていない問いをただ書いてみる、ということ。) 人はなぜ働くのか。 今日、読んだソトコトの四角大輔さんのエッセイにこう書いてあった。 日本人は「何のために働くか」…

友達に旦那さんができた。子供ができた。no.392

大学時代の友達に会いました。 彼女の結婚式は熱で行けず、久々に会いました。 そしたら、彼女は旦那さんはもちろん、子供が出来ていました。 旦那さんとの日常は ただ幸せだそうです。 自由奔放な彼女は 旦那さんと毎日いることに嫌気がさすかも、、、 そう…

頭が悪いと言う子へ。no.391

11月27日 塾にて思ったことを書いてみる。 生徒が「俺は頭が悪いのか」と言っていた。 頭が悪いとはどういうことだろうか。 頭が悪いというのは 目の前の問題が理解できない。 数学の問題が間違えていること。 を指して言っているだろう。 でもな、君に言い…

教えることと学ぶこと。no.390

11月25日の塾での様子を振り返ってみる。 教える、ということは 相手にとって 教わる、ということ。 もしくは教えられる、ということ。 もしくは教えられざるを得ない、ということ。 教える、ということは 相手にとって 教わる、ということ。 教われれる、と…

叱ることは必要がない、のかもしれない。no.389

子供達と接する中で 基本的に楽しく過ごしている。 楽しくないときは・・・ いや、嫌いな時間というものはあって それは 怒るときだ。 叱るときだ。 注意するときだ。 となると なぜ自分は注意するのだろう、と疑問に思う。 子供達のためか?いいや、そうな…

「モモ」ミヒャエル・エンデを読んで。no.388

「モモ」を読んで ただ感想を書いて見る。 この本のあらすじをこちらで読んでみて。↓↓ モモ(エンデ)のあらすじ ◎ネタバレ御免でで結末まで | 笑いと文学的感性で起死回生を!@サイ象 まず、 「時間」とはなんだろう。 忙しく生きる日々。 時間に追われる…

セルフラーニングとは何か。平井雷太 no.387

セルフラーニングとは何か。 「自分流子育て」通信vol.4 (平井雷太)を読んで思ったことを綴っていく。 まず、はじめに 平井さんの言葉を書いておく。 「セルフラーニングとは、『セルフラーニングとは何か』を 考えるものではなく、セルフラーニングはする…

「何をしたか、ではない。ひとは何をしなかったか、だ。」作家サン・テグジュペリ スロー・イズ・ビューティフル(辻信一)より no.386

スロー・イズ・ビューティフル(辻信一) を読んで、ゆっくりオフ堪能してることが多いこの頃です。 この本の中での言葉で 「何をしたか、ではない。ひとは何をしなかったか、だ。」 作家サン・テグジュペリ 何かをする、ことに意識がいっつもいってしまう。…

教育とは何か?平井雷太さんの「自分流子育て」通信を読んで。no.385

「教育とは何か?〜教育とは大人になるための援助です〜」 平井雷太 この通信を読んで、ちょこちょこ 引用しながら、僕なりの考えもまとめていこうかな、と思います。 教育とはなにか? 教育か、改めて考えてみる。 教育、、、教えて育てること? なんか自分…

住まうこと、働くこと、じぶんごと no.383

しいて、一日を時間で区切ってみると 住まうこと、働くこと、じぶんごと(プライベートとか、余暇とか) に分けられる。 たぶん、これらはうまく等分された時間のような気がする。 今までは働くことってなんだろう?ってすごく考えてたけど、 働くことは1日…

止まってみる。no.382

昼間、外を歩いている。 止まってみる。 目をつむってみる。 目を開いてみる。 顔をあげてみる。 空がめちゃめちゃきれいだ。 止まってみないと 見えなかっただろう。 空がきれいだ、と感じれる。 なんか嬉しい。 なんか安心する。 なんか笑顔になる。 あぁ…

目の前の食事をより美味しく食べる方法を開発した!no.381

こういうご飯っておいしく見える。 豪華だったり 派手だったり 主食が美味しそうだったりするわけじゃない。 質素だけど 地味だけど 主食もないけど それでも美味しそうに見える。 きっと実際に食べると美味しい。 それはなぜか? それが最近、ある実験を通…

生き方の正解ってなんだ? no.380

ちょっと最近サボっていたので、 また再開してみようかな。 生き方について考えてみる。 生き方って人それぞれ。 自分の生き方って? 自分の生き方ってなんだろう? そうやって あなたは自分を生きている。 正解なんてない。 しいていうなら いま、あなたは…

ライフスタイルについて9月25日 no.379

ここ最近、という安曇野に行ってさらに強い思いがある。 安曇野とは↓ www.wakudokidoki.com www.wakudokidoki.com 何を考えるか、というと よくよく考えるとさ 人生に対する不安てなにか、というと はっきり言って ほとんどの人が 「金(まねー)」 でしょ。…

パーマカルチャー、シャロムヒュッテに行ってきました。no.379

パーマカルチャーってご存知ですか? パーマカルチャーとは、オーストラリアのビル・モリソンとデビット・ホルムグレンが構築した人間にとっての恒久的持続可能な環境を作り出すためのデザイン体系のことです。 この言葉は、パーマネント(永久な)とアグリ…

シャラムヒュッテに来ました。no.378

こんにちは。 今日、長野県は雨です。 昨日からシャラムヒュッテに来ています。 www.ultraman.gr.jp シャロムヒュッテは持続可能な暮らしを実現することを目的にした宿泊施設です。 お風呂にシャンプーはなく重曹。 食べ物に肉や化学薬品はなく、自然農の野…

友達について考えてみた。no.377

友達について 最近考えていました。 皆さん、友達って必要ですか? はい、必要です。 なんですか? 困った時にお互い助けあえるし・・・ 一緒に笑い会えるし・・・ BBQしたり・・・ クリスマス会したり・・・ 一人でする楽しさもあるけど みんなでワイワイす…

 教育について

塾での学びをシェアします。 基礎のあまりのある分数を解く小学生。 彼にとって大きな壁である 「あまり」という概念。 なかなか先には進みません。 それでも何度も解いて できるようになりました。 そこでこんなことを思いました。 ーーーーーー できないか…

今は将来のためにあるんじゃない。no.375

将来のために 老後のために 子供のために いいや、 自分の人生は 「今の自分」のために全てが成り立っている。 それ以上でもそれ以下でもない。 今の自分の心は「平和」ですかね? おしまい。

STEP教育コミュニティがサムライ学園に行きましたっ!no.374

この映画を観たのがことの始まりです。 www.wakudokidoki.com そしてとうとう行きました。 生きる力をつけるために 衣食住をともにしながら 自分のペースで 卒業期日のない 誰でも何歳でも来れる 学びの場。 サムライ学園。 来年の夏はサムライ合宿に行きま…